プラスチックトレーは石油製品ですが、使用されている量は非常に少なく、ほとんどが空気でエコだと言われています。

エコの実践で環境に優しい生活
エコの実践で環境に優しい生活

発泡ウレタンのトレーは、エコで環境に優しいと言われます。

日本で消費するプラスチック容器は石油製品のおよそ6%の原油を使用しているそうです。その中でも、発泡スチロールトレーは全輸入原油量のおよそ0.06%を使用しているそうです。この発泡スチロール容器はほとんどが空気で、原料は僅か5%に過ぎないそうです。残りの95%はすべて空気で出来ているとのことです。また、燃やしたときに出る県境への評価も、紙製品よりも遙かに少ないと言われています。CO2の排出量が紙製品の1/3だと言うのだから驚きです。また、軽量化が図られているため、輸送時のCO2の発生も抑えることが出来ます。もちろん、軽量化により、原料の量も少なく出することが可能です。さらに、肉厚を抑える薄肉化も行われていて、従来品より遙かに環境への低減化が計られています1995年に施行されたリサイクル法によって3Rの促進も行われています。

2009年には15000トン以上の白トレーが回収され、リサイクルされているそうです。これはトレーメーカーや小売店、量販店などが一斉に取り組むことで、自治体などでも回収が行われ、選別が行われた後に再生加工が行われて、再び製品として生まれ変わるというモノです。スーパーなどの店先などでも、トレーを回収するボックスなどが設置されています。これらの再生品は、トレーに生まれ変わるだけで無く、ボールペンをはじめとする各種文房具類や日用雑貨、植木鉢、エコテーブルやベンチなどに生まれ変わります。発泡プラスチックトレーは製造工程でも、大半クリーンな環境で津売られていて、食品工場と同じほどの衛生管理が徹底して行われています。生鮮食材を始め、数多くの商品に使用されている発泡スチロールトレーですが、私たちの家庭でも、使用後はきっちりと水洗いを行い、乾燥後にスーパーの回収ボックスや、自治体の回収ゴミとして出すことを心がけな蹴れば成りません。そうすることで、私たちでも環境に優しい社会へ少しでも貢献できるハズです。。
Copyright (C)2017エコの実践で環境に優しい生活.All rights reserved.