私はスーパーで回収するトレーがどのようにリサイクルされるのかを知りたくて、エコについて学んだことを紹介します。

エコの実践で環境に優しい生活

これからトレーについてエコ活動しよう。

リサイクルトレーとは正式にはポリプロピレンフィルム&ポリスチレンパッケージというものらしく、容器の重量の80〜90%がリサイクルルートに乗るという容器のことというようです。ポリプロピレンフィルム&ポリスチレンパッケージというものはトレーの内側に透明のフィルムが貼られているものらしく、使った後にはそのフィルムをはがして、スーパー等に設置されている回収ボックスに戻すという仕組みというものだそうです。ゴミになるのは汚れのついたフィルムだけだそうです。私も大学の勉強の一環でそのトレーについて学ぶことがありましたが、最終的にゴミになるのは、トレーからはがす際に出たシールだけがゴミになるそうです。また、そのシールは有害なものがでなく環境に優しいという点がかなり評価が高いものになっています。

使用後に表面に付いている透明フィルムを剥がすだけでリサイクル出来るというのを聞いたことがあります。私たちが日常生活でスーパーなどで買い物をしているときに購入するトレーの量は年間どれくらい出ているのかが知りたいで、聞いた話によるとトレーをリサイクルする活動で、公園のベンチや椅子などがトレーのリサイクルによって作られたりしているそうです。ネットで調べてみると、意外に多くの人がリサイクルに参加していているようです。その中でもトレーをリサイクルする活動している大学のサークルも存在しているようです。私も機会があれば、リサイクルトレーについてもっと勉強して、エコについて学んでいきたいと考えています。
Copyright (C)2017エコの実践で環境に優しい生活.All rights reserved.