食品を購入すると、なにげなくついてくるトレーですが、最近はエコのために見直されてきています。

エコの実践で環境に優しい生活

トレーもエコの時代です。

スーパーなどの入り口では、よく食品トレーの回収ボックスが置かれています。普段、何気なく前を通っていますが、果たしてどれだけの人が意識しているのか不思議に思い覗いてみました。すると、予想よりもたくさんのトレーが回収されていることに驚きました。食品トレイについては、白色トレーと色つきトレーの2種類あります。白色トレーは、回収された後リサイクルされて、再び食品トレーになち再利用されます。そして色つきトレーは、建築資材に再利用されているのです。ただ捨ててしまえば、燃やされてしまうだけで終わってしまいますが、私たちが心がけて分別する事で、環境に配慮する事が出来るのです。確かに、綺麗に洗ったりするのは少し面倒な気もしますが、一人一人の心がけが大事です。

しかしトレーは、再利用する事だけをエコとはしていません。少しでもゴミを減らそうという努力をしています。最近では、お肉や魚をトレーにいれて販売するのではなく、ちょっとした工夫をしているお店もあります。たとえば、とり胸肉を袋詰めにして販売しているのがそうです。トレーならばゴミとしてかさばるため、袋の方が経済的だしゴミとしては少ないためです。袋詰めは、食品をしっかりほぼしていないように感じられますが、実際にはゴミも減らせるし、問題なく調理できるのです。これからの時代は、いかにゴミを減らして地球環境に優しく生活できるかが大切です。未来の子供たちに、私たちの責任を押し付けないように、小さなことからコツコツと取り組んでいきたいです。
Copyright (C)2017エコの実践で環境に優しい生活.All rights reserved.