食品トレーの回収が進んでいます。これによって資源を無駄に使わなくて良くなり、エコにつながります。

エコの実践で環境に優しい生活

エコの為にトレーの回収

スーパーマーケットでは毎日たくさんの食品、飲料が購入されています。それを包んでいるトレーは普段は意識されていませんが、エコの為に一役買っています。消費者が使い終わったトレーをスーパーマーケットに設置されている回収ボックスに入れる姿をよく見るようになりました。トレー以外にも牛乳パックやペットボトル容器などを回収していますね。その回収されたトレーは、専門の回収業者によって集められてトレーを再生する工場に運ばれます。

トレーを再生する専門の工場では、使えるものと使えないものの選別作業、綺麗に洗い流す為の浄化作業、そしてそれ等を細かく砕いてペレットという小さな粒にする作業が一括して行われています。なぜわざわざペレットという物質にしなければ再生することが出来ないかというと、そのままだとどうしてもトレーの傷みや凸凹を取り切ることが出来ないし、食品衛生法の基準を満たすことが出来ないからです。こうして得たペレットという材料をまた元のような形に加工して、再び私達消費者がスーパーマーケットで購入する食品等を包むトレーを生み出しているのです。

このリサイクルによって無駄に使われていた石油資源も減ったようですし、今まで回収にあたっていたゴミ収集の車を使わなくて済んだことでも費用削減・二酸化炭素の削減が実現出来たらしいです。トレーをリサイクルするという取り組みは10年以上前から行われていたようで、その技術は年々進歩しています。最近ではペットボトルからもトレーを生み出そうという技術を開発しているようです。
Copyright (C)2017エコの実践で環境に優しい生活.All rights reserved.